ルカリオと先制技は使いよう

主にポケモンのことを書きます。http://chiira519.blog.fc2.com/←過去記事

【単体考察】HD空を飛ぶランドロス調整案【ヒコウZ】

たまーーーーーーーーーーーーーーには人の調整ばっかりパクってないで自分で考えようと思い、考えてみました(探しても自分の構築に合った調整が見つからなかっただけ) 

 

 

HD意地っ張りランドロス 

 

f:id:Ranranm:20170817083500g:plain

 地震 空を飛ぶ 岩石封じ 剣の舞 @飛行Z

技構成はこれ前提とする

 

 

 

調整案1(耐久重視)

 

195-188-113-x-122-115

H244 A44 B20 D172 S28

 

 

A方面


A+2のZ空を飛ぶ

補正ありHB252カバルドンが50%で乱数1発

 

 

補正ありHB252スイクンが87.5%で乱数1発 


A+1のZ空を飛ぶ

H4メガボーマンダが108.7%〜128%の確定1発

補正ありH244B252霊獣ランドロスが50%で乱数1発

 

地震

B4ガブを確定2

 

 


B方面
威嚇込み182ガブリアスの逆鱗確定3発
威嚇込み補正ありA252メガバシャーモとびひざ→フレドラ確定耐え
威嚇なし補正ありA252メガボーマンダのすてみ確定耐え

A+1補正ありA252ミミッキュのシャドクロZを確定耐え


D方面
補正ありC252レボルトのめざ氷確定耐え
補正なしC252コケコのマジシャ→めざ氷をめざ氷で最大乱数引かなければ耐え(引いてもマジシャを上から5つ乱数引かなければ耐え)

無振りクレセリアの冷凍ビームを確定2発耐え

無振りアナライズポリ2の冷凍ビームを乱数2発耐え(62.5%で落ちる) 

 

S方面
岩石封じ後準速メガボーマンダ抜き
準速バンギラス抜き抜き

 

 

 

構築的にレボルトにあと投げできて、かつ崩しになれるランドロスが欲しかったのでこの調整になった。

 絶妙に火力がたりないが耐久は足りてる。

 

 

火力が足りてる調整も考えてみました。

 

調整案2(崩し重視)

 

195-194-111-x-119-114

H244 A92 B4 D148 S20

 

主な変更点

 

A方面

岩石封じ→剣の舞→空を飛ぶZで

カバルドンクレセリアがぴったり落ちる

 

215-187カバルドンへの岩石封じダメージ12〜14 割合5.5%〜6.5%

A+2空を飛ぶZダメージ204〜241 割合 94.8%〜112%(岩石封じなしだと68.8%で落とせる)

 

227-189クレセリアへの岩石封じダメージ24〜29 割合10.5%〜12.7%

A+2空を飛ぶZダメージ204〜240 割合89.8%〜105.7%(岩石封じなしだと37.5%で落とせる)

 

剣の舞→威嚇トレースでA-1→じしん→空を飛ぶZでポリ2がぴったり落ちる

 

191-156ポリ2へのA+1の地震ダメージ70〜84 割合36.6%〜43.9%

A+1の空を飛ぶZダメージ123〜145 割合:64.3%〜75.9%

 

191-156アナライズポリ2だった場合(こちらが冷凍ビームで81.3%の乱数で落ちるのでもう一度舞うということは難しい。よってA+2空を飛ぶZのみで計算)6.3%の乱数1発で落ちます。

ダウンロードならもちろん勝ち。

 

 

地震→空を飛ぶZで補正ありHB252カプレヒレが56.25%で落ちる

 

A+1の空を飛ぶZで191-156ランドロスが75%の乱数1発で落ちる。

 

B方面

A+1補正ありA252ミミッキュのシャドクロZを最大乱数以外耐え

 

D方面

補正ありC252レボルトのめざ氷を最大乱数以外耐え

 

S方面

岩石封じ後準速メガボーマンダと同速

岩石封じ後最速ウツロイド抜き

準速バンギ抜き

 

確定耐えから最大乱数以外耐えまで甘えることでクレセカバポリ等の物理受けに対して確定が取れるようになりました。

 

どちらかはお好みでどうぞ

S5 構築案1

技構成や持ち物は解散したらその解散理由とともに載せます。

 

構築テーマ

先鋒に対面性能が高いポケを置き数有利を作り、残り2体でサイクルを回せるような試合展開をする。

 

 

メリット

パーティー全員でサイクルを回してくる相手には2:2になった時点でサイクル有利になりやすい。

先鋒が固定されるので選出が苦手な自分にとっては他に考える時間を使える。

脳内では相手の裏を見ず交代読み交代を決めないといけない場面が多くなりそうだが、あまりリスクは負わない(はず)

 

デメリット

先鋒枠が出せない場合、仕事させてもらえなかった場合試合崩壊。

 

 

 

先鋒枠

スイクン

 

環境に草タイプがいない。ナットはウィップ切っていることも多い。バシャの増加、リザの減少。物理を流し特殊も耐久も殺せるポケモン。対面性能が高いので採用した。

 

 

マンムー

 

対面性能が高いとは言えないが、対面からガッサに勝てたり電気の一環を切りZをためらわせることは、スイクンを先鋒に出すために必要。副産物としてマンマンスイになっている。おそらく出さないが他に採用できそうな地面も思いつかない。

 

 

サイクル枠

マンダ

 

スイクンがおそらく電気タイプを誘い殺す&スイクンの役割対象の地面炎が裏に残る可能性が高いためそれらに有利が取れることと鋼とサイクルが組みやすい、Sが高い、耐久ポケを呼ぶ、相手からすると受けにくい、釣り交換しやすいことが採用理由。

 

 

メガバナ

 

スイクンを使ううえでできるだけ来てほしくないレヒレ、ガッサ、電気へのけん制。対面性能がそれなりに高く、眠り粉で比較的安全にサイクルが回せる。鋼との相性がいい。ことが採用理由。

 

 

ヒードラン

 

マンダバナどちらとも相性補完にすぐれ、ミミッキュに対面から勝てる。マンダと組むと水が、バナと組むとマンダや地面やドランが重いか

 

 

補完

ミミッキュ

 

ギミックやバトンや害悪に弱いと思ったため採用。マンダもいるため裏に物理受けが選出されている可能性が高く、おそらく2;2サイクルでは一度相手に物理型読みで引かせればイージーウィンできるか。

一応相手のZぶっぱを抑制する。

 

 

 

変更点

 

 

 

 

解散日時

 

解散理由

最高レート1800の男

自分が許せないのでポケモン頑張ります。

 

 

 

それとすぐパーティー解散しすぎて自分で今期どんなパーティー使ったっけ?ってなるので初期構築案と解散理由、改良点とかメモ代わりに書きます。

うんこ気張ってるときにでも見てください。

ポケモン&ブログ引退

このたび、私はポケモンを引退することを決意いたしました。引退会見をこっそりと開きましたので一部公開したいと思います。

 

 

f:id:Ranranm:20170430015713j:plain

イ「じゃあまず、最高レートを教えてくれるかな」

僕「2111です」

イ「2111?SM?」

僕「ORASです」

イ「ORAS?あっふーん…(察し)」

 

イ「え、SMの最高レートはどれぐらいあるの」

僕「S1が2002でS2が1800です」

イ「今なんかポケモンやってるの?すごい(昔はポケモン)ガチ勢してたよね」

僕「特にはやってないんですけど、(イメージ)トレーニングはやってます。いつの日か2200にいけると信じて」

f:id:Ranranm:20170430021116j:plain

 

イ「彼女とかいる?」

僕「今はいないです」

イ「いつまでいたの?」

僕「こ、去年ですね(ちょっぴりみえっぱり)」

 

イ「(女の子だと)どういう系統が好きなの?」

僕「そーですね…やっぱり僕は♰王道を征く♰堀裕子ちゃんですかね」

f:id:Ranranm:20170213164521p:plain

f:id:Ranranm:20170430023317j:plain

f:id:Ranranm:20170430023343j:plain

f:id:Ranranm:20170430023412j:plain

イ「じゃあ(堀裕子ちゃんで)オ〇ニーとかっていうのは」

「やりますねぇ!!!」

イ「やるんだ…」

僕「やりますやります」

 

 

 

というわけで、インタビュー内容からわかる通りポケモンとブログを引退します。

今まで、ご愛読ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

復帰はS4の終わりごろを予定しております。

オチに困ったらゆっこ使うのやめろとか言わないで

メガリザードンの見分け方

リザードン検定1級の僕が見分け方を教えます^^

 

 

個人的な見分け方

Xの場合

f:id:Ranranm:20170217202933g:plain

スイクンと組んでいる

・積み構築っぽいのに入ってる

・電気重そう

 

そんな感じのパーティーはXなんじゃないかなって

 

Yの場合

f:id:Ranranm:20170217202939g:plain

・それ以外

 

 

これだけです。なんだ改めて考えると見分けるの簡単だなぁ…

 

 

 

は?こんなので参考になると思ってるのかタㇶねという過激派の声が聞こえてきそうなのでなんでこんなガバガバなのか言い訳させてください><

 

 

 

そもそも見分けるつもりもなければその必要もない。

 

・その理由

どっちかでヤマ張って外して負けるなんてあほらしいので、どっちが来ても負けない立ち回りや選出を毎回してます。有名どころだとガブとかですかね。僕のパーティーだとチョッキランドとかになりますかね。

でもそういう選出ができないときはどっちかに絞らないといけないだろ!って声が聞こえてきますね…。…それはあなたの構築が悪いのでは?^^

 

 

そして僕ぐらいになると感でどっちかなんとなくわかってしまうのです。感覚的なものなので文字にして説明するのは難しいですが…相手のレートや名前、キャラの性別やパーティーを見て心理学的な観点から無意識のうちに分析してしまっているのかもしれません…

 

 

そしてなんといっても50%で当たる!50%ですよ50。1/2。2回に1回。簡単な話わからなかったら50%にかければいい。誰でもできますねwwww

 

 

デレステの新要素「スライド」

ポケモンブログなのにデレステのことで申し訳ないですが新要素の「スライド」の判定がよくわからないという意見がよく見られたので解説。

 

 

 

スライドの仕様

f:id:Ranranm:20170213161325p:plain

スライドとは上記の画像のような紫の長押しノーツのことで、一番右のキャラ(堀裕子)をA、その左のキャラ(堀裕子)をBとしてこのスライドはAからBにゆっくりと移動する。(キャラが同じでややこしかったですね。でも謝りません)

 

長押しと矢印ノーツの合体版みたいなもの。矢印ノーツと同じように折り返ししたりすることもある(AからBに行ったあとまたAに戻るなど)し終着点でスライドしたりもする。

 

いつもの矢印ノーツと違うところは簡単に説明すると「ゆっくり移動する」ことと「離さなければならないこと」

難しく説明するとフリックしなくていい。まぁmaster∔に挑戦するような人はこの違いはわかっていると思うので省略。

 

 

スライドのコツ

 

実はこのスライド、見た目通りに押しながら移動しなくてもいい。

f:id:Ranranm:20170213162952p:plain

このゲーム簡単に説明すると矢印が書いてあるところには判定がないため押しても反応しない。つまりこの矢印の間をスライドノーツ通りにゆっくり移動する必要はない。

 

ということはA地点にスライドノーツが飛んで来たらすぐに終着点であるBに指を移動させてもよいということである。

逆に話すときだけBに移動し、ぎりぎりまでAで長押しするということもできる。

 

一応試したが話すときは流石に終着点でないとダメだったのでこの画像だとBで指を離さないといけない。

 

あと上記であげた折り返しスライドは、折り返す地点に一度終着点が設定されているので最終終着点で先待ちということはできない。

例えばAからBにスライドし、さらにAに帰るスライドだと最終終着点であるAでずっと長押ししているだけではミスになる。

 

 

まぁ頭でわかってても処理が追いつかないと思うので結局慣れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

master∔をフルコンする裏技

 

 

ここまで見てくれた方にだけ、特別に私だけが見つけたフルコンするとっておきの方法を教えましょう…(笑)

 

 

用意するもの

堀裕子SSR

f:id:Ranranm:20170213164521p:plain

スプーン

 

 

1.まずゆっこにサイキックパワーを教えてもらう。

2.スプーンを曲げてみる。

3.2が達成できないと思うので1へ戻る。もしできたサイキッカーなら4へ

4.ライブをしてみるとなんとあら不思議。サイキックフルコンボ

 

 

なんだいつものゆっこ茶番か。もうマンネリだろとか思ったやつ。

なんだよ、これしかないんだよ悪いか。

 

 

f:id:Ranranm:20170213165102p:plain

f:id:Ranranm:20170213165108p:plain

えっちだ……

 

ゆっこといえばヘソというイメージが強いですが胸も尻もいいですね。

色気のいの字もないゆっこですが身体をよく見てみると大人なのがまたそそられるというかえっちですね。

【S1 最高最終2002】ルカリオマンマン水ジバコ ♰MR-Revolver ~Bullet of the steel~♰

2002なんて結果じゃ構築記事書くのも恥ずかしいんですが一応記録として残しときます。

 

 

f:id:Ranranm:20170116182429p:plain

 

見てわかる通り相性補完のいいマンダマンムーレヒレジバコでサイクルを回すパーティ。ジバコのボルチェンやバルジーナのとんぼ返りで有利対面を作り、ルカリオやマンダで圧力をかけていく。

 

なんだこのくっせぇ構築名!?と思った方は最後の方で解説するので読んで♡

 

 

個別紹介

 

メガルカリオ@メガ

f:id:Ranranm:20160703020718g:plain

陽気AS252残りD

インファイト ボーンラッシュ バレットパンチ 守る

 

い つ も の

鋼タイプでフェアリーが増えたくせにフェアリーに蹂躙される糞雑魚ナメクジ。

 

最終日まではこの枠はメガゲンガーだったがルカリオがいないとやる気が出なかったのとガルーラがわりと増えてて腹が立ったので無理やり投入。

 

ボーンラッシュはミミッキュが重すぎたので対面で勝てるように願いを込めてお祈り採用。守るはフェローチェどうしようもないので採用。2000チャレンジで役に立った。

守るという技は拘り持ちに強くなったり今作だとフィールドの時間を稼げたりとわりと好きな技のだがルカリオとかいう低スペックポケモンに守るとかいう技に技スぺを1つさいている時点で欠陥としか思えない。

 

 

ガルーラが増えてくれるとこいつにも存在価値があるってもんよ。

 

 

メガボーマンダ@メガ

f:id:Ranranm:20170116184730g:plain

無邪気AS

H4 A212 B4 C36 S252

 

捨て身タックル 流星群 大文字 羽休め

 

ルカリオなんかより11倍ぐらい信用できるメガ枠。

最速両刀な理由はマンダでマンダを見たかったから。実際マンダ対面は一度も負けなかった。大文字はテッカグヤを2発で沈めるため採用したが地震が欲しかった場面もかなり多く、選択。羽休めもそこまで使わなかった。

 

威嚇もありジバコイルとの相性補完も優秀なので、下手にメガシンカせず威嚇を残しつつ釣り交代する場面もかなりあった。

 

やっぱり僕がボーマンダ使うと竜の舞がない型に落ち着く。

 

 

ジバコイルとつげきチョッキ

f:id:Ranranm:20170116190446g:plain

控えめH236 B4 C76 D156 S36

 

10万ボルト ラスターカノン めざ地面 ボルトチェンジ

 

このパーティの真のエース。神。god。火力あり、タイプと現環境にいる特殊に対して受けが噛み合っている。素早さも最低ラインある。

 

ブルル以外のカプ系、テッカグヤ、ポリ2の毒稼ぎ、メガゲンガーバルジーナ、ミミッキュ、アシレーヌ、ジバコミラー、パルシェン、ポリZ、デンジュモク、雨パ、アローラキュウコン、ヤドランなどなど

役割対象多すぎて過労死担当。カプ系に安定して投げられる安心感は素晴らしかった。テッカグヤもSに振ってない個体が多いし、そもそも地震持ってない個体もいる。地震食らってもそもそも耐えるなどわりと安定する。

役割対象が多いのでわりと初手に投げがち。

 

最近は対策がきつくめざ地面が飛んでくることが多くなったりコケコがZ自然の怒りやら瞑想やらでジバコで勝たせてくれないこともあるので過信は禁物。

 

 

マンムー@珠

f:id:Ranranm:20170116192242g:plain

意地っ張りA252 D244 S12

地震 つららばり こおりのつぶて どくどく

 

電気タイプへ強くしサイクル性能を高めたADマンムー

Dに振ったことによりテテフやデンジュモク等高火力特殊ATがいても安心して初手に投げることができた。

しかしギャラが多い環境ですぐ起点にされる→舞われるとバルジーナしか止めるやつがいない。とわりと使いにくい印象を受けた。

 

 

カプ・レヒレ@水Z

f:id:Ranranm:20170116193417j:plain

控えめ H236 B4 C252 D4 S12

 

ハイドロポンプ ムーンフォース しぜんのいかり くろいきり

 

ORASのマンマンスイと同じ感じで使えるポケモンを探すとやはりこいつにたどり着く。しかしこいつは物理受けというよりはアタッカー。

 

元々はマンダの止まるポリ2テッカグヤを倒すための最速テッカグヤ抜きまでSに振り自然の怒り→Z技でポリ2もテッカグヤも落とせるレヒレを使っていたがその対面が対して作れずHCに変更。

 

レヒレは火力のないポケモンというイメージが強いので不意のCぶっぱZ技の超火力は強かった。がH振りだけなのでガブの地震ニ発が乱数だったり、ギャラに後出しから勝てなかったりと対面性能はそれなりだがサイクル性能はイマイチな印象。そもそもムーンフォースが通る相手との対面が多い(ギャラマンダガブ)のでZ技をぶっぱなしにくいのも欠点。

 

しかしこいつの本当の強さはくろいきりとかいう技で、Z技で打つと体力が全回復は有名だがこの技素で使っても強い。今作から補助技Z技という一度きりの積み技ができたことと、レヒレというポケモンが火力のないポケモンというイメージから積みの起点と見て積んでくることが多いのでよく刺さった。

 

多分図太いオボン塩水型とかの方が強いと思う。くろいきりは譲れないが。

 

こいつのフィールドのせいでマンダの流星群の火力が下がることがあるので注意(1負け)

 

 

バルジーナゴツゴツメット

f:id:Ranranm:20170116195001g:plain

腕白HBぶっぱS4

 

イカサマ とんぼがえり どくどく 羽休め

 

ハッサムよりとんぼ返りしてる鳥。

知名度がないためかこいつのとんぼ返りはほぼ読まれないため強い。物理アタッカーに出してとんぼしてルカリオジバコイル、マンダ辺りで有利対面をつくり圧力をかけていく。

Sラインもハッサムをギリギリ抜けて、耐久ポケモンには上からはね休めできて、かつそこまで速くなく、後攻とんぼ返りができるSと優秀。

 

だがとんぼを一度見せた後の動かしにくさや、そもそも相手が交代しなかったらきつい場面もあるなど相手依存の立ち回りにもなりやすい。

このポケモンを見せると相手はリスクほぼなしだと思ってコケコが出てくるため、とんぼでマンムーかジバコを合わせてやると気持ちがいい。

 

 

基本的に選出率はジバコ1位、マンダ2位で残りは同じぐらいという比較的バランスがいい。

変えるならマンムーレヒレバルジーナ辺りだろうか。ルカリオに愛着がないなら真っ先に抜くことを推奨。僕は抜けない呪いにかかっているので抜きません抜けません。

 

欠陥も多いが初めてサイクルパーティを使いこなせて楽しかった。

 

 

さて

構築名のことだが…説明しないとわからないと思われるので解説。

 

まずMR

これはM=マンダ R=ルカリオ

である。これにはもう一つの意味があるのだが後述。

 

そしてRevolverだがこれはもちろん回転式拳銃のリボルバーである。

この構築をよく見てほしい。ジバコイルバルジーナでパーティを回転させ、マンダとルカリオで相手に圧力をかけ粉砕する……

つまりジバコイルバルジーナが弾倉(マガジン)の役割をし、

f:id:Ranranm:20170116201322j:plain

 

マンダとルカリオは相手を粉砕する…つまり弾丸の役割を果たしていたのだ。

f:id:Ranranm:20170116201635j:plain

なるほどなぁ。

 

マンムーはつららが弾丸っぽいので弾丸側。レヒレはこじつけが思いつかなかった。

 

サブタイトルの ~Bullet of the steel~はもちろんバレットパンチから取っている。鋼2体で相手に圧力をかけていくところもマッチしている。

そしてバレットの意味は弾丸。弾丸はRevolverに装填するものである。

 

まさに全てが噛み合っている…たまげたなぁ。

 

さらにとどめにこのMR

これはマンダルカリオという意味のほかに

「マニューリン MR 73」

というフランスのリボルバー拳銃があるらしい。つまりそれともかかっているのだ。

 

長いのでこの構築名は

「マニューリン構築」もしくは「MRR」構築と名づけることとする。

サイクルパは面白かったのでこのMRR構築を元に、より良い構築を生み出したいと思う。