ルカリオと先制技は使いよう

主にポケモンのことを書きます。http://chiira519.blog.fc2.com/←過去記事

S5 構築案1

技構成や持ち物は解散したらその解散理由とともに載せます。

 

構築テーマ

先鋒に対面性能が高いポケを置き数有利を作り、残り2体でサイクルを回せるような試合展開をする。

 

 

メリット

パーティー全員でサイクルを回してくる相手には2:2になった時点でサイクル有利になりやすい。

先鋒が固定されるので選出が苦手な自分にとっては他に考える時間を使える。

脳内では相手の裏を見ず交代読み交代を決めないといけない場面が多くなりそうだが、あまりリスクは負わない(はず)

 

デメリット

先鋒枠が出せない場合、仕事させてもらえなかった場合試合崩壊。

 

 

 

先鋒枠

スイクン

 

環境に草タイプがいない。ナットはウィップ切っていることも多い。バシャの増加、リザの減少。物理を流し特殊も耐久も殺せるポケモン。対面性能が高いので採用した。

 

 

マンムー

 

対面性能が高いとは言えないが、対面からガッサに勝てたり電気の一環を切りZをためらわせることは、スイクンを先鋒に出すために必要。副産物としてマンマンスイになっている。おそらく出さないが他に採用できそうな地面も思いつかない。

 

 

サイクル枠

マンダ

 

スイクンがおそらく電気タイプを誘い殺す&スイクンの役割対象の地面炎が裏に残る可能性が高いためそれらに有利が取れることと鋼とサイクルが組みやすい、Sが高い、耐久ポケを呼ぶ、相手からすると受けにくい、釣り交換しやすいことが採用理由。

 

 

メガバナ

 

スイクンを使ううえでできるだけ来てほしくないレヒレ、ガッサ、電気へのけん制。対面性能がそれなりに高く、眠り粉で比較的安全にサイクルが回せる。鋼との相性がいい。ことが採用理由。

 

 

ヒードラン

 

マンダバナどちらとも相性補完にすぐれ、ミミッキュに対面から勝てる。マンダと組むと水が、バナと組むとマンダや地面やドランが重いか

 

 

補完

ミミッキュ

 

ギミックやバトンや害悪に弱いと思ったため採用。マンダもいるため裏に物理受けが選出されている可能性が高く、おそらく2;2サイクルでは一度相手に物理型読みで引かせればイージーウィンできるか。

一応相手のZぶっぱを抑制する。

 

 

 

変更点

 

 

 

 

解散日時

 

解散理由