ルカリオと先制技は使いよう

主にポケモンのことを書きます。http://chiira519.blog.fc2.com/←過去記事

S5 リザアシレミミッキュ【最高1930ぐらい】+S6にむけて決意表明

S5は個人的には結構潜ったほうでメインサブ合わせて250戦ほどしましたが、S2~S4をまともにしてなかったツケが来たというか、実力の足りてなさを実感しました。構築も納得いくできとはいえず1830~1900で安定はしていたものの1930で我慢できずに解散しました。

 

誰の参考にもならないゴミパですが一応戒めに書いておきます。

 

f:id:Ranranm:20170914070501p:plain

 

構築のコンセプト

1、リザXで初手有利対面をつくる。

2、初手で数有利をとり、トリルミミッキュで詰める。

3、アシレーヌとガッサでステロ役を選出させない。

 

 

リザX

フレドラ、逆鱗、ニトチャ、けんまい

 

前にブログに書いた対面性能高めのリザ。こいつが強いだけのパーティーだった。結構刺さりの良いパーティーが多かった印象。

(このパーティーで使う分には)Sの遅さが負けに繋がることはなく、耐久振りが生きる試合がとても多く強い調整だった。

 

このパーティー唯一のコンセプトは、アシレーヌとガッサという初手に出てきやすいこの二体に対して、相手が出してくる対策ポケモンに大体有利対面をリザXでとれるというものである。(コケコ等の電気タイプやらゲンガーやら草タイプとかその辺)

 

 

アシレーヌ@眼鏡

控えめHCぶっぱ

アリア、イドンプ、ムンフォ、めざ炎

 

バシャが増えると思っていたのでトリルからなにかを通すというのを今期の構築テーマのひとつにしていた。トリル役はクレセかミミッキュで試して結果ミミッキュで使ってきた。トリルアタッカーはテテフやリザYなど試したが、Sが中途半端で使いにくかったので遅いアシレーヌを使った。

眼鏡の理由は本当はzを持たせたかったが、ミミッキュの汎用性、パワーを上げたかったからミミッキュにZを持たせた。なので同時選出の多いアシレーヌは持たせるものが眼鏡しかなかった。

 

正直強いのか弱いのかよくわからなかった。おそらく数有利取れれば詰めとしてミミアシレは強いが数不利をとるとほぼ巻き返せないのが弱い。6世代から自分は数有利不利をあまり意識しない(というか変に交代して相手に積まれたりとかして負けたくないので基本的に交代しない)戦い方ばかりしてきたので、この構築は全く向いていなかったと思う。

 

 

ミミッキュ@妖Z

AB

じゃれ、かげ、けんまい、トリル

 

大体はアシレーヌのところで書いたが、数有利取れないと雑魚。

今思えば2番手以降にしか出さなかったが初手から出していけばよかった。

 

 

メガメタグロス

HAS

アイへ、れいぱん、かみぱん、あむはん

 

テテフ、ガルーラ、ウツロイドとかリザが出せないときに出すメガ。別に強くもなければ弱くもなかった。入れてる理由がいまいちはっきりしない。

この構築が好きじゃない理由の一つ。

 

 

ランドロス@地面Z

陽気最速

じしん、うちおとす、みがわり、けんまい

 

この枠が一番訳が分からない。このブログで書いたヒコウZランドやゴツメランドやらいろいろ試してみたけどしっくりくるものがなかった。

この構築が好きじゃない理由の一つ。

 

 

キノガッサ@襷

陽気AS

たねがん、がんぷう、マッパ、ほうし

 

とりあえず襷あまったし入れてみた枠。選出誘導ができ、リザXで有利対面がとりやすくなる。強いといえば強かったがモロバレルをよく見たし、刺さってると思って出したら自慢の対策ポケで倒されたり、ラムカバしか出てこなかったりと使いこなせる気がしませんでした。

 

 

 

 

解散した一番の理由はカバルドンがどうしようもないということ。

あとは増えていたバレルのサイクルを崩せなかったり、ランドとグロスが気に入らなかったり、ミミアシレガッサといるので最低限のサイクルすら回せない、特殊がアシレだけなど…正直1930までいけたのが奇跡なほどゴミ。

 

 

気づいたんですけど、自分は結果を出したい!ポケモンを楽しみたい!などという理由でポケモンやってるんじゃないと思うんです。多分自分の中で納得できる完璧な構築を生み出したいんだと思います。

 

完璧な構築をつくれば結果がついてくるんでもちろん結果も重要ですが。

 

 

だからこそ、S6こそ「ルカリオ入り」で完璧な構築を作ります。ルカリオがいなきゃ自分の中の完璧とは言えない。

 

 

ただ、少し今述べたことと矛盾するかもしれませんが…S6は結果を求めるのではなく、全力を出し切ることを目標にしたいと思います。

おわり